10・8 山﨑博昭プロジェクト

山﨑博昭プロフィール

山﨑博昭_全身 1948年11月12日、高知県生まれ。大阪市立茨田中学校、大阪府立大手前高等学校卒業、1967年京都大学文学部に入学。高校時代は「社会科学研究会」で活動した。
 1967年10月8日の「羽田闘争」(第1次羽田事件・佐藤栄作首相の南ベトナム訪問阻止闘争)において、弁天橋における機動隊との衝突の際、死亡した(享年18)。「仲間の運転する警備車に轢かれて死んだ」と警察側は発表し、運転していたとする学生を逮捕したが、立件できずに不起訴とした。
 一方、死亡直後、東京都監察医務院は「死因は脳挫滅」とする「死体検案書」(1967年10月9日、大田区役所発行)を発表しており、全裸の死体に対面した遺族と弁護団は、警察の発表した「轢殺痕=タイヤ痕」は「存在しなかった」と証言している。弁護士・小長井良浩は、死因をめぐる警察発表の疑惑、矛盾を「社会新報」(1967年10月18日号)、「朝日ジャーナル」(1967年12月24日号)で追及している。
 この「羽田闘争」については、全世界のメディアが大きく報道したが、南ベトナムの「サイゴン大学学生連合」は、執行委員の署名入りで、「佐藤首相の南ベトナム訪問に反対し、日本の学生と連帯してベトナムの平和と独立を守るために戦う」という声明を発表(「毎日新聞」1967年10月10日付)。また、「南ベトナム解放民族戦線」カイロ駐在代表のレ・クアン・チャン氏は、「われわれは佐藤訪問に反対する日本国民の英雄的行為をたたえ、かつこれに感謝する。デモのさい死亡した学生の家族には心からおくやみをいいたい」という談話を発表した(「読売新聞」1967年10月11日付)。
 1967年10月17日、日比谷野外音楽堂に於いて「虐殺抗議・山﨑博昭君追悼中央葬」が開催され、1967年10月23日、日中友好協会(正統)ほか主催の「愛国学生山崎博昭追悼集会」が開催された。
 山﨑博昭の死は、1960年安保闘争の樺美智子以来の学生運動での死であり、当時の日本の学生や若者に衝撃を与え「10・8(ジュッパチ)ショック」と呼ばれた。以後70年安保闘争に向けて、佐世保、王子、三里塚、沖縄、全共闘運動と、学生運動・反戦運動が高揚した。遺骨は大阪府交野市の平和台霊園に埋葬されている。



▲ページ先頭へ▲ページ先頭へ