趣意書

「わたしたちはここで泣く!」

1967年10月8日という日付と、この日に羽田の弁天橋の上で、18歳で亡くなった山﨑博昭の名前を、わたしたちはいまも忘れることができません。

山﨑博昭の死は1960年の反安保闘争のとき、国会議事堂前で亡くなった樺美智子さん以来の、学生運動のなかでの死でした。

戦争に反対する。

その一点で二人の死は共通していました。67年10月8日の羽田闘争は、当時、ベトナム戦争が続いていたなかで、日本の首相が羽田空港から出発して南ベトナムへ向かおうとしたことへの異議申し立てでした。日本がベトナム戦争に加担することを阻止しようとする学生たちの闘いでした。

山﨑博昭は大阪府立大手前高校時代から反戦運動に参加しました。寡黙で成績優秀で、おとなしい青年だったことは級友たちの誰もが覚えています。その彼が京都大学文学部に入学して半年後、当時の三派全学連の一員として羽田闘争に参加。弁天橋を渡って羽田空港へ向かおうとした学生たちと機動隊との間で激しい衝突があり、彼は橋の上で亡くなりました。

わたしたちは、山﨑博昭の死は、戦争に反対した人間の死、としてだけ理解しています。なぜ彼があの日、弁天橋の上にいたのか。戦争に反対する意志表示をするためです。

一人の無名の若者の小さな死。その小さな死こそが、わたしたちにとって、いまも大事です。

この不幸な事件に接して、人生が変わったという人もいますし、当時の学生運動に関わらなかった人でも、この日のことを記憶にとどめて、自らの青春時代の激動の象徴にしてきた人もいるでしょう。わたしたちの世代は、10.8羽田闘争を経て、全共闘運動へつながる大きな学園闘争の渦を経験しています。その原点となったのが、10.8でした。

あれから半世紀が経とうとしています。

1967年10月8日という日付と、山﨑博昭の名前を聞くと、わたしたちはいまも泣きます。

半世紀という歴史の時間を経て、羽田の地に、弁天橋にほど近いところに、山﨑博昭を追悼する小さな鎮魂碑を作ろうと、わたしたちは発案しました。日本が徐々に戦争に向かいつつある現在、このプロジェクトは、山﨑博昭の名前とともに、わたしたちがいまも、これからも戦争に反対し続けるという意志表示でもあります。

ご賛同いただけますように、お願い申し上げます。

2014年7月4日

10・8 山﨑博昭プロジェクト〈発起人〉

氏名をクリックすると発起人からのメッセージに移動します。

山﨑 建夫 (山﨑博昭兄)
北本 修二 (弁護士、大手前高校・京都大学同期生)
佐々木幹郎 (詩人、大手前高校同期生)
辻   惠 (弁護士、大手前高校同期生)
三田 誠広 (作家、大手前高校同期生)
宮本 光晴 (経済学者、大手前高校同期生)
下重 暁子 (作家、大手前高校同窓生)
山本 義隆 (科学史家、元東大全共闘議長、大手前高校同窓生)
上野千鶴子 (社会学者、京都大学同期生)
鷲田 清一 (哲学者、京都大学同窓生)
鎌田  慧 (ルポルタージュ作家)
川村  湊 (文芸評論家)
金城  実 (彫刻家)
高橋源一郎 (作家)
福島 泰樹 (歌人)
道浦母都子 (歌人)
小長井良浩 (弁護士、当時遺族代理人)
水戸喜世子 (十・八羽田救援会)
山中 幸男 (救援連絡センター事務局長)



▲ページ先頭へ▲ページ先頭へ