6月13日に講演会「いのちを考える―戦後を生きて―」を開催します。

このイベントは終了しました。
たくさんのご参加、ご反響をありがとうございました。
下記の報告ページで、当日の様子をご覧ください。
»『10・8山﨑博昭プロジェクト第二回講演会「いのちを考えるー戦後を生きて」


講師に最首悟氏(環境哲学者)と白井聡氏(社会思想史家・政治学者)をお招きして6月13日(土)13:30から、東京の学士会館で当プロジェクト第2回目の講演会を開催します。


講演会/いのちを考える―戦後を生きて―

講師:最首 悟(環境哲学者)
『焦点なき「場」について―「いのち」は「いのち」』

講師:白井 聡(社会思想史家・政治学者)
『3・11以降の「いのち」の問題』

日時  2015年6月13日(土) 開場 13:30 開演 14:00

会場:学士会館

〒101-8459
東京都千代田区神田錦町3-28
TEL.03-3292-5936 (代表)
http://www.gakushikaikan.co.jp/
アクセス
・都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線「神保町」駅下車A9出口から徒歩1分
・東京メトロ東西線「竹橋」駅下車3a出口から徒歩5分
・JR中央線/総武線「御茶ノ水」駅下車御茶ノ水橋口から徒歩15分

参加費: 1,000円

6月13日講演会フライヤー表(小) 6月13日講演会フライヤー裏(小)
イベントチラシ
(クリックして拡大表示)

◎参加ご希望の方は、「参加お申し込み」ページからお願いします。
(定員になり次第、締め切りとさせていただきます)
※このイベントは終了しております。


◎本イベントに関するお問合せは、「お問合せ」ページからお願いします。
※このイベントは終了しております。


「いのちを考える」とは

講演会 「いのちを考える―戦後を生きて―」は、2014年に発足した「10・8山﨑博昭プロジェクト」の第2回目の講演会です。1945年の日本の敗戦から現在まで、戦後空間を生きたわたしたちが見てきたもの、考えてきたこと。1960年の安保闘争のなかでの樺美智子さんの死、1967年のベトナム反戦運動のなかでの山﨑博昭の死を踏まえて、2011年の東日本大震災以降の日本において、「いのち」とは何か、戦争に反対する声をどのように立ち上げるかについて、世代を越えて新しい展望を見つけるための講演会です。


講師・プロフィール

●最首 悟(さいしゅ・さとる)

環境哲学者。1936年福島県生まれ。小児喘息で進学が遅れ、1959年東京大学入学。1967年理学系研究科動物学専攻博士課程中退。教養学部生物学教室助手。和光大学名誉教授。学生時代に60年安保闘争、東大闘争を闘う。77年から水俣にかかわり、第二次不知火海総合学術調査団団長を務める。著書に、『生あるものは皆この海に染まり』(新曜社、1984 )、『星子が居る』(世織書房、1998 )、『水俣五〇年―ひろがる「水俣」の思い』(共著、作品社、2007 )、『「痞」という病いからの―水俣誌々パート2』(どうぶつ社、2010 )など。

●白井 聡(しらい・さとし)

社会思想史家・政治学者。1977年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程終了。博士(社会学)。日本学術振興会特別研究員、文化学園大学助教を経て、京都精華大学専任講師。著書に、『未完のレーニン―「力」の思想を読む』(講談社選書メチエ、2007 )、『「物質」の蜂起をめざして―レーニン、〈力〉の思想』(作品社、2010 )、『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版、2013 )など。


主催:10・8山﨑博昭プロジェクト

連絡先 :
東京銀座総合法律事務所内「10・8山﨑博昭プロジェクト」事務局
〒104-0061
東京都中央区銀座8-10-6銀座MEビル3F
FAX : 03-3573-7189
公式ホームページ http://yamazakiproject.com/
E-mail monument108@gmail.com




▲ページ先頭へ▲ページ先頭へ