11月26日、第2回大阪講演会(講師:上野千鶴子さん)を開きます

 来たる11月26日、大阪駅前第3ビル17階・TOG会議室にて当プロジェクト主催の講演会を開きます。大阪講演会としては2回目となります。発起人である上野千鶴子さん(社会学者、山﨑博昭の京都大同期生)の講演とインタビューで構成した集いです。お誘いあわせの上、ぜひお越しください。
……………………………………………………………………………………………………
『10・8山﨑博昭プロジェクト』第2回大阪講演会
羽田闘争とベトナム反戦から考える
―この国家どうする―1967年10月8日、ベトナム戦争に反対する第一次羽田闘争で山﨑博昭が亡くなって、今年で49年目。2017年に50周年を迎えます。
名乗れよ、歳月! ますます戦争ができる国へと舵を切った日本! 過去から現在、そして未来へ、反戦の炎を絶やさないために。どなたでも参加できます。どうぞ講演会にお出かけください。
「2015夏 日本は変わったか」
講演とインタビュー
菅野勝男web
(photo 菅野勝男)
上野 千鶴子(社会学者)
「2015年夏は、日本の社会運動史に残るだろう。
あれは、一体何だったのか? わたしたちは、
何をなしたのか? 一緒に考えてみたい。」

プロフィール
上野 千鶴子(うえの・ちづこ)
社会学者。1948年富山県に生まれる。京都大学大学院博士課程修了。東京大学文学部教授を経て、現在東京大学名誉教授、立命館大学特別招聘教授、認定NPO方針ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。専攻は、家族社会学、ジェンダー研究、女性学、近年は介護とケアに研究領域を拡大。著書に、『家父長制と資本制』、『近代家族の成立と終焉』、『おひとりさまの老後』、『ケアの社会学』、『おひとりさまの最期』など多数。
西村 秀樹(にしむら・ひでき)
ジャーナリスト。1951年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒、元毎日放送記者、近畿大学人権問題研究所客員教授。同志社大学社会学部非常勤講師。著書に『北朝鮮抑留~第十八富士山丸事件の真相』(岩波現代文庫)、『大阪で闘った朝鮮戦争~吹田・枚方事件の青春群像』(岩波書店)など。

………………………………………………………………………………………………………
2016.11.26[土]
◎開場13:00→講演13:30-14:30→10分間休憩→
上野千鶴子さんインタビュー14:40-15:10(聞き手/西村秀樹)

大阪駅前第3ビル17階・TOG会議室
大阪市北区梅田1-1-3 ☎06-6344-0791
・大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5分
・大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩約5分
・大阪市営地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩約5分
・JR東西線「北新地駅」より徒歩約2分
・JR各線「大阪駅」より徒歩約8分
・阪神各線「梅田駅」より徒歩約5分
・阪急各線「梅田駅」より徒歩約10分

◎参加費1,000円 定員300名
主催『10・8山﨑博昭プロジェクト』yamazakiproject.com

◎申し込み/定員300人です。予約を受け付けています。
✉monument108@gmail.com
『10・8山﨑博昭プロジェクト』大阪事務局
〒530-0047 大阪市北区西天満4-8-2 北本ビル本館301
北本法律事務所 fax 06-6365-0009

161126flyer_01s 161126flyer_02s
イベントチラシ
(クリックして拡大表示)

◎講演会へのご参加は、「参加お申し込み」ページからお願いします。
(定員になり次第、締め切りとさせていただきます)


◎本イベントに関するお問合せは、「お問合せ」ページからお願いします。



▲ページ先頭へ▲ページ先頭へ