10・8 山﨑博昭プロジェクト

山﨑建夫:「10・8山﨑博昭プロジェクト・50周年まであと3年」(2014年10月4日)における発起人あいさつ

さきほどもお話しましたけれども、水戸さんが出発点で、私たち家族が励まされたのも救援会、いろんな党派があってそんなものにこだわっていたら駄目だ、全部超党派でとにかく負傷者、逮捕者を救援するんだ、当時の活動家たちからそんなことできるはずない、と言われながらも水戸さんのご夫婦がやり、山本さんたちが始める。何度か手紙でやりとりをして、すごく励まされました。

1周年の時に訪ねていった時には泊めていただいたりして、いろいろお世話になりました。その水戸さんが、もう50年にもなる、今まであまりなかったし、何か出来ないかということで浮かんだのが、亡くなってからすぐ高校生のときの仲間たちが追悼文集作ってくれたことです。

その時の名前を頼りに声をかけたら、皆現役で大変忙しい人ばかりなんだけれども、快く引き受けてくれた。そして今日に至っています。ありがとうございます。



▲ページ先頭へ▲ページ先頭へ